ヘルニア

椎間板ヘルニアに悩む人が相談しやすい医師が居る名古屋の病院

腰の痛みは椎間板ヘルニアが原因?気になるなら名古屋の鍼灸院に相談

椎間板ヘルニアは腰を使った激しい運動をする仕事の人がなると思われがちです。例えば運送業や引越し業をしている人のように、仕事で毎日のように重いものを持ち上げる人は椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。しかし肉体労働ではないデスクワークの人でも油断はできません。人間は座っているだけでも、立っているときと比べてもかなりの負荷が腰にかかっているのです。運動をしているわけでもないのに腰が痛む人は、椎間板ヘルニアを疑ってみるといいかもしれません。
もし湿布を貼ってもいっこうに治らない腰痛でお悩みの人は、一度名古屋の鍼灸院で診てもらいましょう。というのも、名古屋の鍼灸院には鍼、整体をともにおこなえるプロフェッショナルの先生がいるからです。椎間板ヘルニアは軟骨の形がいびつになっていることで起こるため、放置していても自然治癒は望めません。放っておくと、下半身にしびれが出るようになり、日常生活にも支障が出ます。
そのため椎間板ヘルニアは名古屋の鍼灸院に行って、症状が軽いうちに治療をしてもらったほうが、結果的に短い時間と少ない費用で改善させることができるのです。腰の痛みでお悩みの方は、名古屋の鍼灸院でぜひ一度診てもらいましょう。

名古屋の鍼灸院で椎間板ヘルニアを治療

腰の曲がるくらいの年齢になると、骨密度や骨の変形、あるいは筋肉量の低下により、多かれ少なかれ腰に痛みは出るものです。これが単なる加齢なら湿布でも貼るほかありませんが、なかには椎間板ヘルニアを患っている方も少なからずいるのです。この場合は年のせいではなく、体の異常なので、早急にいい先生のいる名古屋の鍼灸院に診てもらったほうがいいかもしれません。
椎間板ヘルニアは背骨の衝撃をやわらげるために、背骨の隙間にクッションのように挟まっている軟骨のことですが、これが変形して神経に触れることで、痛みが出てくるのです。椎間板ヘルニアは手術でも治せますが、高齢の方の場合、手術自体が体に大きな負担になることもあるので、あまり推奨できません。そのため、高齢者の方には名古屋の鍼灸院での治療をオススメしたいのです。
椎間板ヘルニアになる原因は姿勢や体のクセの問題もあるので、それを矯正するためにも整体が必要になります。また、痛みが激しい場合は鍼で痛みを緩和するツボを刺激すればいいわけですから、薬に頼る必要はありません。つまり、名古屋の鍼灸院で治療すれば、体に負担をかけず、安心して椎間板ヘルニアの治療に専念することができるのです。

椎間板ヘルニアを治すなら名古屋の先生に相談

事務職の方は一日中座りっぱなしということも多いでしょうが、事務職に常につきまとうのが「腰痛」のリスクです。実は、人間は座っているだけでも腰に相当な負担がかかっているものなのです。これがただの痛みならいいですが、もし椎間板ヘルニアだと、ちょっと湿布を貼ったくらいでは、症状は改善しません。
自分の現在の腰痛が椎間板ヘルニアかどうかを知りたければ、名古屋の鍼灸院で診察を受けてみましょう。なぜなら、名古屋には椎間板ヘルニア治療に特化した鍼灸院があるからです。椎間板ヘルニアは、ただ放っておくだけでは改善しません。背骨の隙間にある軟骨である椎間板に負荷がかかって飛び出し、神経を押さえつけることで症状が出ているのです。そのため、軟骨が戻るか、その軟骨が神経に当たらないように姿勢を改善するかの二択になりますが、前者は手術をしないとできないことなので、現実的なのは後者のほうでしょう。
名古屋の鍼灸院なら、鍼で痛みを緩和、整体で姿勢のクセを改善することで、椎間板ヘルニアにより生じる痛みやしびれをかなりの程度にまで回復してくれるのです。県外の方は通いにくいかも知れませんが、なにぶんデリケートな部分の治療なので、やはり信頼できる専門家に任せるのが無難でしょう。

update contents

menu

このページのトップへ